元子供服メーカーの管理人がベビーカー、ベビーグッズの選び方をわかりやすく解説します

Baby Catalog.Tokyo

GOOGLE

ベビーカー

CYBEX MELIO(サイベックス メリオ)は持って軽い、押して軽い究極のベビーカーだった

投稿日:

DADWAYストアでサイベックス MELIO販売中

PR TIMESより転載

コピス吉祥寺のDADWAYストアでMELIOを実際に触って来ました。軽量なのにフレーム剛性が高く、足回りにはサスペンションもついています。シングルホイールと言われる、一輪タイプなのでスイスイ進む感覚が気持ちよかったです。

フレームの素材を聞いて驚きました。カーボンです!

まさかのカーボン製!

私は久しぶりに悔しかったです。自分の子育てで使いたかった!

どんな商品?

・名称:CYBEX MELIO(サイベックス メリオ)シリーズ
・価格:MELIO カーボン/63,000円、MELIO/56,000円 +消費税
・サイズ:
 開いた状態:W490 X D820-910 X H965-1070 mm
 畳んだ状態(自立):W490 X D540 X H690 mm
・重さ:MELIO カーボン/5.8kg、MELIO/6.0kg
・適応体重:15 kgまで
・使用年齢:生後1ヶ月頃から3歳頃まで
・展開カラー:
 MELIO カーボン/2種(ディープブラックJP、ソーホーグレーJP)
 MELIO/5種(ディープブラックJP、ソーホーグレーJP、ネイビーブルーJP、
 クラシックベージュJP、マグノリアピンクJP)
・その他アクセサリー:カップホルダー / レインカバー / 3D / シートメッシュライナー / カーシート用アダプタ
※「CYBEX MELIO」のフレームは通常のストローラー(ベビーカー)としてだけでなく、専用アダプターを使用することで、ベビーシートを装着してトラベルシステムとして使用することも可能です。

☆SALE☆【送料無料】 CYBEX サイベックス MELIO CARBON メリオ カーボン | ベビーカー ストローラー

価格:59,950円
(2021/2/23 00:13時点)
感想(0件)

CYBEX(サイベックス)について

WE ARE HERE TO DELIVER THE BEST PRODUCTS AND CONCEPTS FOR ALL FAMILIES TODAY AND TOMORROW.
CYBEXは、安全性・デザイン性・機能性が世界で高く評価されている、ドイツのペアレンティング(ベビー用品)ブランドです。Design(ユニークなデザイン)・Safety(卓越した安全性とクオリティ)・Function(インテリジェントな機能性)という3つの柱を重視した製品開発(=CYBEX D.S.F. Innovation Principle)は、安全性に対する数々の高い公的評価や、デザインに関する数多くの受賞につながっています。これらの実績に止まることなく、常にイノベーションを実現し、現代のペアレンツのライフスタイルに沿った製品をつくり続け、ベビー用品の枠にとらわれない、革新的なライフスタイル・ファッションブランドを目指しています。2014年にGoodbaby Internationalと合併し、更に成長して世界最大のペアレンティングブランドとなった今も、CYBEXのファウンダーであり、2児の父であるMartin PosがCEOとしてグループを牽引し、”いまと、これからのファミリー”に、最高のコンセプトと製品を届けています。
⇒サイベックス(ブランド)公式ホームーページ https://cybex-online.com/ja-jp

吉祥寺で買えるショップ

コピス吉祥寺 DADWAYです

ベビーカーは押して軽いものを選ぶべき

私は国内メーカーから海外ベビーカーまで、様々なベビーカーを販売してきました。ショップで販売していたときには、全国のスタッフに販売ノウハウを伝えたり、新しいショップをオープンするときにスタッフ研修をしていたこともあります。その中で私が一番大事にしていたことは、ベビーカーは押して軽いものを選ぶべき、ということです。

なぜ押して軽いベビーカーが良いのか

それは、ベビーカーは押している時間が一番長いからです。ベビーカー選びで陥りやすいのは、持って軽いベビーカーを選んでしまうことです。世の中、軽さが大事な商品はたくさんあります。スマートフォンやデジタルカメラなど、軽ければ軽いほど、良い評価が得られる商品は多いですよね。

ベビーカーも「3.9kg!」とか「軽い!」とかPOPが付いている商品は多いです。また、軽いものの方が安かったりもするので、ついつい持って軽いベビーカーを買って帰りがちです。

なぜ軽いベビーカーは軽いのか

そもそも重量の違いはなんでしょうか?大きくは3つの要素で決まります。

  • フレーム
  • タイヤ
  • ファブリック

フレームについて

フレームが薄いもの、細いものは軽いです。ただ、その分弱いので、押しているときにギシギシしますし、たわみます。

タイヤについて

タイヤが細かったり、小さいと軽いです。でも、そうすると少しの段差ですら乗り上げられなかったり、安定しません。

ファブリックについて

クッションが薄いと軽いです。でも、薄いと衝撃を吸収しにくいので、地面のガタガタを感じやすいデメリットがあります。

軽いベビーカーは使えないのか?

3年使える、と書いているベビーカーでも、快適に使えるのは1年だと思っています。1歳というと、もう9kg。非常に重たいです。それに加えてマザーズバッグを引っ掛けたりしますので、フレームやパーツはガタガタになります。

では、どんな人に合うのか、というと、手持ちでベビーカーを持ち上げなければいけない人です。例えばアパートの2階に持って上がらないといけない方。よく使う駅にエレベーターが無い方、といった方です。

とはいえ、アパートの1階に車を止めていればトランクに入れればいいですし、駅にエレベーターが無いのであれば、向いているのは抱っこ紐でのお出かけです。

ということで、持って軽いベビーカーというのは万人に向いているわけではなく、非常に限られた方に向いた商品です。

AD

AD

Under title

-ベビーカー
-, ,

Copyright© Baby Catalog.Tokyo , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.