元子供服メーカーの管理人がベビーカー、ベビーグッズの選び方をわかりやすく解説します

Baby Catalog.Tokyo

GOOGLE

ベビーウエア

赤ちゃんの肌着おすすめ(1,000円〜2,000円)

更新日:

赤ちゃんの肌着

もくじ

ミキハウス

ミキハウスはベビー商品については日本製にこだわっていて、洗濯してもグダグダになりにくいです。予算に比較的余裕がある場合におすすめです。僕も自分の子どもにはミキハウスの肌着をメインで揃えました。すべてをミキハウスだと悩みますが、メイン3枚とかであれば揃えられます。幅は広めで、ふっくらした赤ちゃんでも打ち合わせ部分に余裕があります。

モデルは価格帯別に分けるとこんな感じです。

  • 海島綿シリーズ
  • ラ・モルフェシリーズ
  • ピュアベールシリーズ

海島綿シリーズは一部の地域でしか取れない海島綿というブランド綿をつかったシリーズです。生地の滑らかさや光沢感が魅力です。メンズやレディースにも海島綿を使ったシャツなどがあります。大人用だと、だいたい2万円くらいでした。さすがに高価ですね、海島綿は日本に入ってくる流通量が少ないので、ひとつの業種で1社しか使えないそうで、現在はベビー服はミキハウスが販売しています。

ラ・モルフェシリーズは新しくできたシリーズです。シキボウ株式会社が開発したアレルゲンコントロール素材です。肌質が敏感な赤ちゃんにはぴったりの素材ではないでしょうか。価格も他メーカーに比べて高額ですが、機能性と洗濯などでの耐久性を考えると、魅力的です。

ピュアベールシリーズはスタンダードなモデルです。実際に触ってみると、他メーカーの商品よりもしっとりしていて、肌に引っかかる感じがしません。赤ちゃんに着せた時にもやわらかく体を包んでくれるので、安心して使えます。

ミキハウスの肌着が他のメーカーに機能面で負けるとすれば、スナップやテープのモデルが無いことくらいです。セールは一年通してありません。アウトレットショップや、ミキハウスランドと呼ばれる大規模なファミリーセールで購入することができます。

ファミリア

ミキハウスに劣らず高品質です。都内でも百貨店でも取り扱いが少なくなってきたので、ホームページで取り扱いショップを確認した方が良いです。しっかりと伸び、肌触りが良い肌着です。ミキハウスと同じく紐タイプです。セールはシーズンごとにあるものの、肌着が安くなっているのはみたことがありません。

プチバトー

フランスのメーカーで、ここ数年人気が高くなっています。ミキハウス、ファミリアには素材、縫製は劣りますが、使用には十分ですし、プリントが可愛いです。日本メーカーには無い、自然なオシャレ感がママの心をわしづかみします。また、セールもシーズンごとにあり、お買い得なタイミングがあります。

コンビミニ

ベビーカーやチャイルドシートメーカーとして有名なコンビがショッピングセンターなどで多く展開しているコンビミニ。店でトータルに揃えることが出来るので、とりあえず何を買おうかな、という段階の方にはぴったりのショップです。

肌着の特徴は機能。ワンタッチで脱ぎ着ができるマジックテープタイプの肌着を販売しています。

従来、肌着を着せるときには短肌着では2か所。コンビ肌着(上に着せる肌着)は3か所の紐を止めますが、超絶面倒くさいです。人生でこんなにちょうちょう結びしたことがあっただろうか、というくらい一日5回以上着替えるたびに紐を結び続けました。それがなくなった、ということだけでも万歳したいです。また、コンビニの肌着は年々進化を続けていて、マジックテープもザリザリしにくい素材になりました。

https://combimini.jp/shop/g/g144503_nP33007-601122

AD

AD

Under title

-ベビーウエア
-, , , ,

Copyright© Baby Catalog.Tokyo , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.